「弘前シードル工房 kimori」内覧会で料理提供しました

2014.04.22
投稿サムネイル

4月20日(日)、弘前市りんご公園内に近日オープンする「弘前シードル工房 kimori」さん(以下、kimori)で内覧会があり、そこで古川家が料理提供いたしました!イベントは盛況で、料理もみなさんから「おいしい!」と言っていただき、ほっとしております。

kimori-entrance

きっかけは先日ヒロロで行った「知ってる?世界のサンドイッチ」でした。

参加者の中にkimoriの代表である髙橋哲史さんが家族で参加していらして、kimori内覧会での食事提供についてご相談いただいたのが始まり。

イベント自体も楽しんでいただいたようで、後日、正式にご依頼いただきました。内覧会では色々なシードルの飲み比べもあり、コンセプトは「シードルに合わせる料理」とのこと。

シードルに合う料理って?

実は古川家、普段あまり晩酌をしないので、お酒に合わせてのメニュー考案というのは初。しかもシードル!どんな風にすればいいんだろう・・・?と悩みつつ、とりあえず有名どころでニッカシードルをドライ、スイート、ロゼと買い込み、おつまみ作って飲み比べ!

ドライが料理に合わせやすいんじゃないかなー?などと思っていたら意外や意外、ロゼが1番クセがなくて、どの料理とも合わせやすいなと感じました。

あれやこれやと考えて・・・わからない!(笑)

お酒と料理を合わせるって奥が深いですねー。これは考えれば考えるほど分からなくなりそうだなーと思い、とにかく内覧会にいらしてる方々がシードルや会話を楽しむための料理にしよう!ということに。

旬の食材を使って古川家らしい料理にして、シードルに合うかどうかの食べ合わせも含めて楽しんでいただこう、という方針に変更しました。

料理を待つ時間も楽しく

色々と思案する中でたどりついたのが、名付けて「kimori おつまみボックス」!おつまみを何品か入れた、お弁当タイプのウェルカムセットを用意してみました。

otsumami-box-1

今回は立食形式と伺っておりまして、料理を食べようと並んでお待たせしたり、遅れてきた方がまともに食べられなかったり・・・ということを少しでも緩和したいな、などと思いこの形に。

おつまみボックスの中は6品!

  • 砂肝の香味ダレ
  • 新ジャガとカボチャの茶巾絞り
  • 空豆とスナップエンドウの磯つぶジュレがけ
  • リンゴと大根のキムチ仕立て
  • 2種の鳥はむ
  • ばっけ(ふきのとう)の茎ともやしのナムル

ちょうどkimoriの内装と雰囲気が合うボックスもあったので、そこに古川家でデザインした帯を合わせて・・・こんな感じで来場時にお渡しすることに。

otsumami-box-2

結果、みなさんから好評いただいて、よかったーと胸をなで下ろしました。

キッズ版もあるよ!

小さいお子様もいらっしゃるということで、大人向けのメニューから辛みを抜きつつ、アレンジしたモノを用意してみました。

otsumami-box-kids

お弁当に、うさぎリンゴは欠かせませんよね(笑)

旬を感じる大皿料理

残念ながら、当日は準備に追われて写真を残せず・・・ラインナップだけでも!

  • パン3種(バゲット、パン・ド・カンパーニュ、ミッシュブロート)
  • パンのおとも(鶏レバーペースト、チキンディップ、クリームチーズ)
  • スペイン産 生ハム(24ヶ月熟成)
  • フレッシュにしん漬け
  • キュウリからし漬け
  • ピーマンのおひたし
  • 2色のアスパラサラダ
  • 小松菜のおひたし
  • 新ジャガ・新タマネギのクリームグラタン
  • ピリ辛 塩焼きそば
  • 〆サバと新タマネギのマリネ
  • 十三湖シジミのお吸い物
  • 自家製ジンジャーエール
  • リンゴのゼリー寄せ(お好みでシードルを注いで)

意外な人気!?生ハムとフレッシュにしん漬け

今回、盛り上げ役に生ハム原木を用意!しかもセルフサービスという、大人もワクワクする試みに。いざ蓋を開けてみると、こども達がものすごく楽しんでました!

包丁も怖がらず、生ハムをもう切りたくて切りたくてしょうがないんでしょうね(笑)何回もかわりばんこでスライスに挑戦してました。

cutting-unboiled-hum

大人達はというと、意外にもフレッシュにしん漬けがシードルに合うと好評。青森では「にしん」をよく食べるのですが、漬け物としても使います。食べ慣れた味がよかったのかもしれませんね!

2次会はkimoriの舞台裏

お客様が帰られた後は、2次会と称してkimoriのみなさんと古川家で打ち上げ。

なぜシードル?なぜkimori?という、きっかけの部分やシードル作りとkimoriという空間にかける想いを聞いて、お手伝いできて本当に良かった、貴重な機会をいただけて良かった、と感謝の一言に尽きました。

また、ぜひ一緒に企画しましょう!と仰っていただいて、古川家としては大成功の一日となりました。

「弘前シードル工房 kimori」は5月3日(土)にオープンするそうです。今後は、シードルを楽しみながら人が集う空間として、様々な企画を実施していくとのこと。弘前にまた新たな楽しみが加わるので要注目ですね!