タムラファームと丹波ワインの共同作品「タムラシードル」

2014.05.16
投稿サムネイル

最近、古川家はシードルにハマってます!kimoriさんとの交流を機に、いろいろと試してみたくなったのです。

タムラシードルは青森と京都の架け橋

シードルの元となるリンゴを生産しているのは、青森県弘前市で農園を営むタムラファームさん。とあるきっかけから、京都にある丹波ワインさんとシードル製造をすることになり、できあがったそうです。

そのエピソードは・・・こちらでご覧ください!通販もできます!

何か新しいものが生まれるときって、ふとしたきっかけだったり、温めてきたつながりからなんだなーと改めて思わされました。

タムラファームさんから、うれしいサプライズ

IMG_5274

まずこちらが外観!りりしいですねぇ・・・。古川家も通販でお願いしたのですが、うれしいサプライズが!

タムラファームさんから直接お電話いただきまして、テイスティング用にどうぞ!と追加商品が・・・いいんでしょうか?

「古川家の古川さんですか?」と電話口で聞かれたときは、うれし半分、恐縮でした(笑)こんなステキな機会はそうあるものではないので、ありがたく、ちょうだいしました(ちゃっかり

ちなみに左がスイート、中央がドライ、右が発売したての無濾過ワインです。

ずっと飲んでいられそう!タムラシードルの魅力的な味わい

IMG_5279

グラスにそそぐと、琥珀色をした美しい色。

ふわっとくる香りは、スタンダードなシードルですが、よく熟したリンゴの密の香りがほのかにしたような?はやく飲んでみたい!と思わせる香りですね。

ひとくち飲んだ感想は「すごい・・・」と言葉がでなくなりました。味の感想としては「王道」そのもの。加えて、酸味や甘味のバランスがよくて、これだけでずっと飲んでいられそうでした。

先日のkimoriシードルは、「さわやかで気づかい上手な紳士」という印象でしたが、タムラシードルは「THE 社長」。意味不明ですね。

微妙な味わいの多い京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る

個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造

丹波ワインさんのこだわりを考えると、なるほどーと納得。青森と京都のすばらしい共同作品ですね。

タムラシードル、ごちそうさまでした!